戸建ての増築にかかる費用と期間は?注意点を知り施工するには?

増築の注意点を知る

>

増築について

増築にかかる費用の目安

木造住宅の増築を行う場合、2畳で70万円、4畳で140万円、6畳で210万円かかります。
鉄筋住宅の増築には、2畳で100万円、4畳で200万円、6畳で300万円になります。
また、二階部分を増築する場合は、一階部分の補強も行う場合があります。
なので、2階部分の増築にかかる費用は、2畳で120万円、4畳で240万円、6畳で360万円になります。

これらは、増築する空間の広さの価格になり、配水管の設置や耐震性などの補強工事などは含まれません。

しかし、広くなれば広くなる程、増築費用が高くなるわけではありません。
二階部分を増築する場合は、一階部分の補強のために価格が高くなるように、補強や内装工事などを行わない場合は安く済みます。
ベランダやバルコニーを増築する場合や物置部屋などは比較的に安く済みます。

リフォームについて

広範囲の増築をするとなると、どうしても高額の費用がかかってしまいます。
一坪分、増築するのに大体100万円ほどの費用が必要になります。
新しく増やすだけではなく、もともとあった家宅部分の耐震性や補強を行う場合になるともっと費用が必要になってしまいます。

しかし、室内の間取りを変更するリフォームは安く済みます。
部屋を仕切る壁を取り払い床や壁を新しくするような部屋の間取りを変更するリフォームの費用は一坪約10万円ほどで出来ます。

増築するには、費用だけではなく時間や法的な手続きなど負担が大きいです。
場合によっては、低価格で新しい家屋を建てた方が安いということがあります。

必要最低限の居住面積の目安があるので一度確認してから増築するのか、部屋の間取りを広くするのか決めましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る